リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパスのガスふろ給湯器の型番の見方を紹介

リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパスのガスふろ給湯器の型番の見方を紹介

リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパスのガスふろ給湯器の型番の見方を紹介

カテゴリ ガスふろ給湯器(エコジョーズ)、ガスふろ給湯器(エコジョーズなし)
日付 2019年12月07日
タイプ 製品選びのポイント
タイトル リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパスのガスふろ給湯器の型番の見方を紹介
本文

各社のガスふろ給湯器の型番の見方

ガスふろ給湯器は、リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパスの 4社が商品を販売していますが、いずれの会社の商品名はアルファベットと数値の組み合わせで、パッとと見ただけではどういう商品なのかがよく分かりません。

ですが、商品名(型番)は各メーカーごとにルールに基づいて付けられていますので、そのルールを理解することでどういう商品なのかが分かってきます。

この記事では、その型番の付け方のルールを紹介しながら、どのような機能なのか、どれを選択すればいいのかを解説していきます。

リンナイ・Rinnaiのガスふろ給湯器の商品名(型番)の項目の解説

ノーリツ・Noritzのガスふろ給湯器の商品名(型番)の項目の解説

パロマ・Palomaのガスふろ給湯器の商品名(型番)の項目の解説

パロマ・Palomaのガスふろ給湯器の商品名(型番)の項目の解説・その2

パーパス・Purposeのガスふろ給湯器の商品名(型番)の項目の解説

※ 注意 ※
型番のルールは、リンナイ、ノーリツ、パーパスの 3社はカタログに記載されています。
ですが、パロマは記載がありませんので、私(この記事の著者)の推測となります。
(パロマはエコジョーズ対応・非対応、暖房用熱源機か否かなど、製品のカテゴリによって型番の付け方それぞれ違うようです。統一的な型番が存在しないため、型番の見方が紹介されていないのではないか、とも考えられます。)
 

 

リンナイ:基本性能、ノーリツ:形式、パロマ:基本性能、パーパス:分類

リンナイ:基本性能
RUF:設置フリー型ふろ給湯器
RFS:浴槽隣接設置型ふろ給湯器
RVD:設置フリー型給湯暖房用熱源機

ノーリツ:形式
GT-C:設置フリー型(高効率タイプ)
GT-CP:設置フリー型ドレンアップ方式
GT-CV:設置フリー型三方弁方式(高効率タイプ)
GT-:設置フリー型
GRQ-C:隣接設置型(高効率タイプ)
GTS-C:外壁貫通設置型(高効率タイプ)
GTS-:外壁貫通設置型

パロマ:基本性能
FH-:ガスふろ給湯器
DH-:ガスふろ給湯暖房用熱源機

パーパス:分類
GX:設置フリー型ふろ給湯器
GN:浴槽隣接設置型ふろ給湯器
GH:設置フリー型給湯暖房用熱源機

呼び方は各社で異なりますが、ガスふろ給湯器をどのように設置するか(設置場所)を決める基本性能で、大きく分けて「設置フリー型」と「隣接設置型」になります。

「浴室隣接設置型」は、浴室に隣接(直結)する場所に設置する給湯器です。そのため、設置する場所が限られます。

対して「設置フリー型」は、給湯器からお湯を給湯する配管を通してお風呂まで届ける仕組みになっており、お風呂がある場所に影響されずに給湯器を設置することができる給湯器です。

「給湯暖房用熱源機」は、お風呂の給湯だけではなく、床暖房などの熱源としても使うことができる給湯器です。

より詳しい解説は「ガスふろ給湯器の各機能の仕組みと選択する際のポイントを解説・基本性能、形式、分類」を参考にしてください。

 

リンナイ:シリーズ記号、ノーリツ:-、パロマ:エコジョーズ対応、パーパス:シリーズ/高効率/ケース幅

リンナイ:シリー記号
E:エコジョーズ
S:スリムタイプ
P:ドレンアップタイプ
T:kaeccoシリーズ(ドレン配管不要タイプ)
V:エコジョーズではない
K:コンパクトタイプ

ノーリツ:-
形式の型番の中に組み込まれています。

パロマ:シリーズ
E:エコジョーズ
なし:エコジョーズではない

パロマ:準寒冷地対応
K:準寒冷地対応
なし:準寒冷地対応なし

パロマ:シリーズ
8:8シリーズ
7:7シリーズ

パーパス:高効率
高効率の商品に S、または、Hを付番。

パーパス:シリーズ
なし:標準
D:ドレンマジック(ガスふろ給湯器)
D:ドレンアップ(給湯暖房用熱源機)
DM:ドレンマジック
T:取り替え専用
K:コンパクトタイプ

パーパス:ケース幅
なし:標準
S:スリム

各社様々な分類、表示方法を取り、製品の性能を表現している箇所です。
エコジョーズ機なのか、否か。ドレンアップの対応、仕組み。コンパクトタイプなのか、否か。準寒冷地タイプなのか、否か。などです。
ノーリツの場合は前項の「形式」の中に組み込まれているため、この項目の内容はありません。

より詳しい解説は「ガスふろ給湯器の各機能の仕組みと選択する際のポイントを解説・エコジョーズ・従来品(エコジョーズではない)」 「ガスふろ給湯器の各機能の仕組みと選択する際のポイントを解説・ドレン、新ドレン処理」 「ガスふろ給湯器の各機能の仕組みと選択する際のポイントを解説・ガスふろ給湯器の準寒冷地対応」 を参考にしてください。

 

リンナイ:給湯能力、ノーリツ:給湯能力(号数)、パロマ:給湯能力、パーパス:号数

リンナイ:給湯能力
24:24号
20:20号
16:16号

ノーリツ:給湯能力(号数)
24:24号
20:20号
16:16号

パロマ:給湯能力
24:24号
20:20号
16:16号

パーパス:号数
240、24:24号
200:20号
160:16号

「給湯能力」は、1分間に給湯できるお湯の量(L、リットル)を表した数値(号数)です。
24号であれば 1分間に 24L、20号であれば 20Lのお湯を供給することができることを表しており、各社ほぼ同じ表現になっている項目です。

家庭用のガスふろ給湯器の場合は、24号、20号、16号の 3種類があります。
(業務用のガスふろ給湯器の場合は、もっと大きな給湯能力のものもあります。)

より詳しい解説は「ガスふろ給湯器の各機能の仕組みと選択する際のポイントを解説・給湯能力・号数」を参考にしてください。

 

リンナイ:給湯・給水接続、ノーリツ:、パロマ:給湯・給水接続、パーパス:給水・給湯配管径

リンナイ:給湯・給水接続
0:20A(R3/4)
1:15A(R1/2)

ノーリツ:なし
24号は 20Aのみ。
20号、16号は 20A、15Aを選択可能。

パロマ:給湯・給水接続
2:20A(R3/4)
1:15A(R1/2)
※エコジョーズの製品は、以下の通り。
 24号は 20A
 20号、16号は 15A。20Aは受注対応。

パーパス:給水・給湯配管径
なし:20A(R3/4)
1:15A(R1/2)

「給湯・給水接続」は、ガスふろ給湯器に接続する水道管(給水管)とお湯をお風呂に給湯する管(給湯管)の太さを表す数値です。

配管の内径を表す数値です。
20Aは、配管の内径が約 20mmの 21.6mm(4分の 3インチ)。
15Aは、配管の内径が約 15mmの 16.1mm(2分の 1インと)。

より詳しい解説は「ガスふろ給湯器の各機能の仕組みと選択する際のポイントを解説・給湯・給水接続」を参考にしてください。

 

リンナイ:ふろ機能、ノーリツ:おふろ沸かしの機能、パロマ:ふろ機能、パーパス:機能

リンナイ:ふろ機能
A:フルオート
SA:オート

ノーリツ:おふろ沸かしの機能
PA:プレミアムフルオート
A:スタンダードフルオート
SA:シンプルオート

パロマ:ふろ機能
FA:フルオート
A:オート

パーパス:機能
Z:フルオート
A:オート

「ふろ機能」「おふろ沸かしの機能」は、おおよそ「フルオート」か「オート」になります。
「オート」は、自動お湯はり、追い炊き、保温までを自動で行うものです。
「フルオート」は、「オート」の機能に加え、自動足し湯が加わるものです。
また、リンナイ、ノーリツでは追い炊き配管自動洗浄も加わります。
また、パロマでは追い炊き配管自動洗浄は「オート」にも付いています。

より詳しい解説は「ガスふろ給湯器の各機能の仕組みと選択する際のポイントを解説・ふろ機能、おふろ沸かしの機能」を参考にしてください。

 

リンナイ:設置方式、ノーリツ:機器の設置形態/屋内設置の給排気方式/PS設置形の型番、パロマ:設置方式、パーパス:設置

リンナイ:設置方式
W:屋外壁掛型
G:屋外据置型
A:アルコーブ設置型
T:PS扉内設置型、PS前排気型、PS延長前排気型
B:PS扉内後方排気型
U:PS扉内上方排気型
F:PS扉内吸排気延長型
FF:FF方式・屋内壁掛型

ノーリツ:機器の設置形態
W:壁掛型
R:据置型

ノーリツ:屋内設置の給排気方式
FF/SFF:強制吸排気型二重管方式(後方接続)
FFA:強制吸排気型二重管方式(前方接続)
FFB:強制吸排気型二重管方式(後方接続)
F:強制排気型

ノーリツ:PS設置形の型番
なし/PS:PS標準設置型
L:PSアルコーブ設置型
T:PS扉内設置型
TB:PS扉内後方排気延長型
H:PS扉内上方排気延長型
※Tタイプの一部商品は超高層対応設置に対応します

パロマ:設置方式
W:屋外壁掛型・PS標準設置型
T:PS扉内前方排気延長型
B:PS扉内後方排気延長型
U:PS扉内上方排気延長型
F:FF方式・屋内壁掛型

パーパス:設置
W:屋外壁掛型
R:屋外据置型
Y:アルコーブ設置型
T:PS扉内前方排気型
B:PS扉内後方排気型
U:PS扉内上方排気型
F:FF方式・屋内壁掛型
E:FE方式・屋内壁掛型
C:ケースイン
K:超高層耐風仕様

呼称は各社で少し異なりますが、ガスふろ給湯器をどこに設置するかを決めるものです。

一番最初の「基本性能」の項目は、給湯器をおふろに隣接させるか、否かを選択する項目ですが、この「設置方式」は、具体的にどこに設置するかを決めるする項目です。

屋外の壁に設置するものが「屋外壁掛型」です。壁やベランダなどに設置します。
屋外の地面に据え付けるのが「屋外据置型」です。

マンションなどの集合住宅の場合は、PS(パイプスペース)と呼ばれる上下水道やガスの配管、電気や電話などの配線などを通しておくスペースがあります。
そこにガス給湯器を入れる場合には「PS○○型」となっている機種を選択します。
また、ガス給湯器にはガスを燃焼さえるための空気を取り入れる吸気口と、燃焼したガスを排出する排気口が必要になりますが、その吸排気口をガス給湯器のどの部分(前なのか、上なのか、後ろなのかなど)に取り付けるか、によって細かな選択肢があります。

また、高層ビルの高層階では風が強いため、風に耐えうるための高層階用の耐風仕様があります。

その他、屋内に設置する方法や壁に埋め込む、ケース(枠)の中に入れると言った仕様の給湯器もあります。

より詳しい解説は「ガスふろ給湯器の各機能の仕組みと選択する際のポイントを解説・ガスふろ給湯器の設置方式」を参考にしてください。

 

リンナイ:-、ノーリツ:PRO-TECメカ(Q機能)の搭載有無、パロマ:、パーパス:-

リンナイ
リンナイの家庭用のすべてのガスふろ給湯器に Q機能は搭載されています。

ノーリツ
X:PRO-TECメカ搭載
なし:PRO-TECメカ搭載なし

パロマ
パロマの家庭用のすべてのガスふろ給湯器に Q機能は搭載されています。

パーパス
パーパスの家庭用のすべてのガスふろ給湯器に Q機能は搭載されています。

より詳しい解説は「ガスふろ給湯器の各機能の仕組みと選択する際のポイントを解説・ガスふろ給湯器のQ機能」を参考にしてください。

 

リンナイ:-、ノーリツ:BL認定品、パロマ:BL認定品、パーパス:-

リンナイ
リンナイの家庭用のガスふろ給湯器は、すべて BL認定品です。

ノーリツ
BL:BL認定品
なし:なし

パロマ
L:BL認定品
なし:なし

パーパス パーパスの家庭用のガスふろ給湯器は、すべて BL認定品です。

「BL認定品」とは、「Better Living」の略称で、一般社団法人ベターリビングが優良住宅用品として認めた商品です。

保証期間は、一般商品では 1年のところが、BL認定品では 2年となっています。
期間内であれば、通常利用の範囲内で発生した故障は無料で修理をしてもらうことができます。

より詳しい解説は「ガスふろ給湯器の各機能の仕組みと選択する際のポイントを解説・BL認定品・BL-bs認定品」を参考にしてください。

 

リンナイ:変遷記号/整理番号、ノーリツ:変更の有無、パロマ:-、パーパス:開発番号

同一の型番製品の中で、改良が加えられるなどした(マイナーバージョンアップした)場合に付番する記号です。

リンナイの場合は、「変遷記号」と呼称し、変遷記号なし → A → B → C ...と続いていきます。

リンナイの場合は、「変遷番号」の他に「整理番号」という項目もあります。こちらは、リンナイの内部で管理するための番号のため、ユーザにとって意味がある番号ではありません。

ノーリツの場合は、「変更の有無」と呼称し、変更の有無なし → 1 → 2 ...と続いていきます。

パロマの場合は、不明です。

パーパスの場合は、「開発番号」と呼称し、0 → 1 → 2 → 3 ...と続いていきます。

 

お役立ち情報

カテゴリ ガスふろ給湯器(エコジョーズ)、ガスふろ給湯器...
日付 2019年12月08日
タイプ 製品選びのポイント
タイトル ガスふろ給湯器の各機能の仕組みと選択する際のポイントを解説
カテゴリ ガスふろ給湯器(エコジョーズ)、ガスふろ給湯器...
日付 2019年12月07日
タイプ 製品選びのポイント
タイトル リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパスのガスふろ給湯器の型番の見方を紹介
プライバシーポリシー利用規約
お問い合わせ運営会社

© 2019 - 2020 有限会社エス技研©2020